better day

 

昨晩までの落ち着かない気持ちが、なんとなく回復にむかっているのを感じる、綺麗な朝。太陽の光を浴びて、地を踏みしめると、生きている実感が湧いてくるから不思議だ。気持ちが落ち込んでるときは、やっぱりよく眠って、きちんと日光を浴びて、足を動かすのがいいのだろうね。

 楽しいことを考えるのもとても大事なことだけれど、やっぱり一番大事なのは何気ない優しさ。自分のことでいっぱいいっぱいのときは、なかなかそういうふうに行動できないけれど、優しい仕草に触れると、身も心もとけて安心してしまう。一緒に暮らすことは、悲しんだり、救われたりの繰り返し。どちらかの面だけでは成り立たないものだから、一時の感情にのまれたらだめだな、と今は思える。昨日はそう思えなかったから、ようやくいつもの自分を取り戻したという心持ち。


Comments

Popular Posts