dawn



 昨晩は、よく眠れなかった。秋冬にむけて、新しいものをつくらなくちゃ、という焦りのせいか、頭の中でずっとぐるぐると様々な思いが巡った。こんな覚醒状態になるのは久々で、朝目が覚めたときの、体の重たさが憂鬱だった。空模様もどこか寂しげで、自分の気持ちと同じような色合いだった。

 今日は少し気分を変えようと、違うものを編んでみた。すぐに出来上がるものだったから、久々にものづくりが楽しく思えた。ここしばらく取りかかっている手仕事は、いつになっても終わりの兆しがみえない長期戦だ。最近は、その仕事のことを考えるだけで憂鬱で、できれば少し距離を置きたいと思ったりするほど。でも、まあ、そろそろきちんと取りかからないといけないわけで。気晴らしにはならないけれど、新しい作品の材料なんかを注文したりした。



 突然家のチャイムが鳴って、出てみると身におぼえのない荷物がわたし宛に届いた。大学の同窓生からで、誕生日のお祝いだった。嬉しさと驚きで、もやもやっとしていた気持ちがどこかにひいていくほど。小さな箱の中に入ってたのは、プリザーブドフラワーのアレンジだった。好きな花を、彼女に教えたことなんてなかったと思うけれど、わたしの好きな白い花を基調にしたアレンジで、とてもとてもかわいらしくって好きだった。
 前に一度、別の人からプリザーブドフラワーの贈り物をもらったことがあったけれど、そのお花はあまり好きじゃなかったことを思い出した。今回の贈り物は、比べ物にならないほど気に入っている。部屋を飾り立てるようなことは好きではないけれど、これは早速、寝室の出窓に飾っている。ユーカリの葉の香りがふんわりとして、気持ちが落ち着く。 
 それにしても、眠たい。二時間くらいしか眠っていないから。今晩ははやく眠って、明日は今日よりももっと早く起きよう。


Comments

Popular Posts