束の間の休息





体調を崩して、少し長めの休みを満喫している。とはいっても、明日からまた元通りの生活になるのだけれど、この束の間の休息が、思っていた以上にいい働きをしてくれているらしい。

 普段は、家のことが思い通りにできていないことがフラストレーションになっていたし、家が片付かないことが嫌で嫌でしかたがなかった。だけど、毎日掃除をする気力もなくて、嫌だと思いながら、なにもできないでいることが精神的に結構つらかった。 キッチンがきちんとかたづいていること、洗濯物が片付いていること、寝室やリビングが片付いていること、きちんと食事の準備ができているということ。そういうことがわたしにはとても大切で、必要だった。

 休んでみて改めて思ったことは、ここ半年間ずっと駆け足だったなってこと。十分に振り返りをしてこなかったなってこと。気持ちを落ち着ける時間が足りてなかったってこと。

 今の仕事は嫌いではないけれど、自分にとって素晴らしい仕事ではないということにも、気づいてきた。人と関わること、ずっと好きだと思っていたけれど、どうやらそうではないらしい。人と話すことが好きだと思っていたけれど、どうやらそうではないらしい。そういう今まで知らなかった自分の一面に気づいて、職業選択を誤ったなって。まだしばらくはこの仕事を続けるつもりではいるんだけれど、体調のこともあるし、もう少し安定した仕事に就きたいな、とも思っていたり。少なくともも、家事との両立がわたしにとっ てはマストだから、もう少しゆったりとした歩みで続けられる仕事を探したい。ビザも無事に更新できたわけだし。

 自分へのご褒美に買ったiPad mini。久々に打ち込んでいる靴下作り。やりたいことがどんどん増えてきたし、趣味への情熱も戻ってきているのを感じる。そういう生きることへの関心と、生活を楽しもうとする気持ちが戻ってきたことがわたしにはすごく嬉しいんです。


Comments

Popular Posts