almost done / anger


 7月から編んでいるブランケットがもう少しで完成する。本当は7月中には編み終えたかったのだけれど、休日に仕事を持ち帰ることが多くて、なかなか思うように進まなかった。8月に終わらせたいブランケットがまだあるというのに、やっぱり予定通りには進まないみたい。


 でも、家に帰ったときにブランケットなりを編むようになって、またモチベーションが少しずつ上がってきている気がする。なにかを創作するということは、わたしの精神にはとてもいいらしい。とくに、ブランケットのように黙々と同じ動作を繰り返すようなものは。セーターなどのウェアを編むのも好きだけれど、目数だったり、模様だったりで無心になるというよりは、手元に命を注がないといけない感じ。でも、わたしは無心になりたい。編むときは、真っ白になって、自分の手の動きと、針の動き、糸の動く様をみて、でき上がっていくものをみるのが好き。それに、ブランケットは一人じゃなくて、二人でも使える。編みながら、どうやろこれ、とかいいながら、くるまったりできる。そういうところがとても好き。

 まだまだ編みたいブランケットはある。また大物のモチーフつなぎに挑戦するつもり。


 ここからはちょっと愚痴。
 最近、不審な水音をよく耳にしていた。昼夜問わず、その水音は、どこから大量の水が溢れ出しているような音で、かなり大きな音だったから、近くの家で排水管が爆発してんのかな?と思うくらい。

 今日ちょっと遅めに起床して、顔を洗っていたら洗面所の窓の外から水音がしてた。雨は降っていない。窓をこそっと開けててみると、向かいのアパートの二階から水がだらだら流れている。え?と思って上を見上げると、洗濯機の裏側が見え、そこからホースが一本。そして、そのホースからは大量の排水が垂れ流されていたわけで。一階には人が住んでいないようだけれど、それにしてもひどい話だ。勢いよく排水が流れてるわけだから、大きな音がするし、なにより洗剤などが入った水が地上に垂れ流されている。環境にもよくないし、うちの家にまで水が跳ねている。

 まさか、こんなことがあっていいのだろうか、とは思う。どうしたもんか。管理会社に電話して、クレームを出すべきか。近隣のトラブルには巻き込まれたくないけれど、どう考えてもおかしい。あまりにも衝撃を受けたものだから、ずっとどういう心持ちでいたらいいのかわからないでいる。結構怒ってます。


Comments

Popular Posts