確認作業



わたしは、どちらかというと感情の起伏が激しい方だし、移り気で気難しいと思う。シャイで奥手だし、かつ不器用でコミュニケーション下手。自分のことをひとに話すことが極端に下手で、話せないこと、口に出せないことは文章にして吐き出すのが常だった。


 何遍も書いてきたことだけれど、わたしが書いてきた文の総量は、わたしが沈黙してきた量でもある。それだけたくさんの沈黙があって、いまのわたしが成り立っている。ひととして不完全な面もあるけれど、なんやかんや生きている。

 生きていて、かつ幸せだなと思えるようになったのは、沈黙してきた自分を否定でなく肯定できるようになってきたということに他ならない。


 仕事で失敗しても、うまくいかなくても、なんとかなる。もちろん、迷惑はかけないに越したことはないけれど、かけてしまっても仕方がない。できないことはできないし、無理にできないことやり続けようとしなくてもいいんじゃないかと。ひとはひとで、できることを全うしていればいいんじゃないかと。

 わたしは、少しくらいいい加減なのが、きっと良い加減なのだと思う。

 久々に、過去の文章を読み漁ってみて、なんとかなるような気がしているので、その気持ちを記録したくてメモ。


(写真、とても古いものだけれど、いまの気持ちによく似合うから選んだ。ほっこり。have a good time. )

Comments

Popular Posts