もしも、でも、なんて言っても仕方ないよ



 少し前のことを思い出してた。尿崩症になって、体調がどんどん悪化して、下垂体機能低下症なのではないかと先生に言われたときのこと。

 当時、主治医だった先生は、自分は糖尿病の専門で、下垂体疾患は専門ではないと前置きした上で、専門家がいる別の病院で検査入院するか、自分のもとで入院するかを選ばせてくれた。
 すごく悩んだけれど、わたしは後者を選んだ。家からも、パートナーの職場からも近かったし、すでに一度入院していたから、勝手もわかっている。なにより、当時の自分は精神的にも、肉体的にも消耗しきっていて、大きな変化への恐怖心があったんだと思う。新しい先生との人間関係をつくることや、新しい病院での様々な検査、新しい環境で入院するのがとても不安だった。だから、その選択は、生きるのに精一杯になっていた自分にできた判断だったんだと思う。

 もしこのとき、新しい病院、それこそ今の担当医のところに転院していたら、25キロも体重が増えることもなかったかもしれないし、舌に白板症ができることもなかったかもしれない。そんな風に、無意識的に思ってしまって、喉の奥が苦い気持ちになった。今更そんなこと思っても仕方ないでしょ、と冷静な自分が言う。でも、心のなかでは、何度も何度も、「もしも」や「でも」って言う自分がいる。


 振り返れば、2回目の入院の、ずっとずっと前、それこそまる1年前から、下垂体機能低下症の症状は出ていたんだって、今のわたしにはわかる。だけど当時は、症状がどんどん酷くなって、心も、体もボロボロになるまで、わたしも、主治医の先生も、その変化にしっかりと向き合えていなかったのかもしれない。未知を恐れて、見ないフリをしていたのかもしれない。

 2回目の入院では、副腎皮質刺激ホルモンと甲状腺刺激ホルモンが分泌されていないことがわかって、それに対する対処療法は始められたけれど、成長ホルモンや、性腺刺激ホルモンが出ていなかったことには気付いてもらえなかった。
 体調はある程度は改善したけれど、でも、やっぱり何かがおかしいままなのは、自分が一番わかっていた。相変わらず生理はないし、どんなにステロイドを増やしても、体調は改善しなかった。体重が恐ろしい勢いで増えて、鏡を見るのも嫌だったし、どんどん自信がなくなっていった。気持ちの落ち込みもどんどん酷くなって、仕事も手につかなくなった。

 このままじゃだめだと思ったのは、あまりに辛かったから。このままでいたら自分は、本当に死んでしまうと思ったから。だから、変化は怖かったけれど、職場に申し出て、休職することにした。ずっとずっと気付いていた違和感を、ようやく主治医に相談して、専門家のもとにかかりたいと言えたのは、仕事から離れた3ヶ月後、パートナーが強く背中を押してくれたからだ。

 そこからはとんとん拍子だった。案ずるより産むが易しの通り、新しい病院では下垂体疾患の専門の先生に見てもらえて、薬の量も、薬の種類もすべてが変わった。成長ホルモンの自己注射を始めてからは、体調もどんどんよくなった。
 性腺刺激ホルモンも、継続的に補充するようになった。耐え難い頭痛もなくなったし、体重増加はぴたっと止まった。半年くらいかけて、ステロイドの量を少しずつ減らして、ようやく今、体重が少しずつ減るようになってきた。薬の副作用からの脱却。ハッピーエンド?いや、そんなことは全然なくて。わたしが思考停止して、変わることを拒んで、自分の体の違和感に素直に行動しなかった間、体は着実に影響を受けていたから。


 転院直後に気付いた舌の白板症、本来は40代以降の男性に多くてお酒やタバコに関連すると言われているけれど、エストロゲン欠乏も原因の一つと考えられている。
 わたしは約2年間、生理がなかった。無月経になってすぐ、2回だけホルモン補充を行ったけれど、死ぬほど辛くて、本当に辛くて、それ以降は、性腺刺激ホルモンの補充はやめていた。生理を起こすために、こんなに苦しまなきゃいけないなんて、あのときの自分には耐えられなかったから。(正直、あの辛さが続くくらいなら死んだ方がマシだった。)
 今のわたしは、エストロゲンが体にどんな影響を与えるのかを知っているし、補充をしていなかったことが、いかに自分の体によくなかったのかということも、痛いほどわかっている。だから、今更後悔しても仕方がない。そうわかっているのに、白板症が癌化している可能性がある今、どこかで自分の過去の選択について考えてしまう。これは自業自得なのかな。わたしが、変わることを拒んで、向き合うことから逃げたから?

 でも、それも今更で。今はただ、目の前の状況と向き合うしかないし、目の前の問題を解決するしかない。それに、今の自分の考え方があるのも、道に迷いながら、行ったり来たりした結果なのだし。より大変な生き方にはなってるし、タフなレッスンではあったけれど、どっしりと構えていられるのも、いろんな失敗や、選択のミスを受け入れたからじゃないの?そういう風に思った方がいいでしょう、って弱い自分の心に言い聞かせてる。後悔先に立たずだから、失敗から学んでいくしかないんだから。

 だけどね、ふとね、不安になることもあるよね。笑っちゃうけど、強かったり、弱かったり、人の心、というかわたしの心はいつも不安定だから。不安に思っても大丈夫、今のわたしなら大丈夫。何度も呪文みたいにそう唱えて、来週白板症の組織生検を受けようと思う。

Comments

Popular Posts