Skip to main content

Posts

FEATURED

雑記 −日常を楽しむことと、様々な弱さについて− 

ここ数日、お腹の調子がすこぶる悪い。ステロイドの減薬をしている影響かもしれない。下痢が続いていて、トイレとの往復がひどくつらい。ただでさえ、トイレの回数は人よりも多いのに、前からも後ろからもだだ漏れなのは体力を消耗して、なにもやる気がなくなってしまう。食事を作ることさえも。かといって、市販のお弁当や、カップ麺などで食事を簡単に済ませると、すぐにお腹を下す。自分で作るのが一番なのは、自分が一番よくわかっている。面倒な体だ。
 でも、身体が敏感であるというのは、悪いことではない。化学調味料や保存料、添加物等が苦手なのは、それだけ自然なものに身体が慣れているということだから。不便ではあるけれど、身体が楽なほうが良いに決まっている。
 それに、身体のために、ここ2週間くらいお酒を控えている。(ほんまは、2回だけ飲みました…) それまでは毎日飲んでいたので、今も突然、ああ、お酒飲みたい、となる。でも炭酸水を飲むと、お酒を飲みたいという気持ちは煙のように消えてなくなるので、多分炭酸水のような、シュワシュワ感とスッキリ感が欲しいだけなんじゃないかと思っている。炭酸水は常に買い置きしておきたい。



 刺し子や糸紡ぎ、編み物をひたすらやりつつ、香港映画好きな人々とオンライン上でウォッチパーティーを毎日のようにやっている。映画を見ながら、チャット機能を使って会話を楽しむ。Twitterもフルに活用して。わたしは大概は手仕事をしながらの参加なのだけれど、これが部活のようで楽しい。毎日たくさん遊んでいるな、って思う。
 これまでの自分だったら、楽しいことをただ純粋に楽しむということが苦手だった。いつもどこかで、こんなに楽しんでええんやろか、って思ってしまう癖があって。でも、今は純粋に楽しいことは、素直に楽しいと思ってええやんと、思うようにしている。罪悪感なんて不要。なにせ今は、家にいる時間がみんな増えているし、様々な形でストレスを発散したいときだ。好きなものを観て癒される、好きなものについて話して癒されることが、なによりも大事なのかも。少なくとも、わたしは新しい日課に助けられている。



 先日、精神科に行った際、担当医が笑ったのを初めて見た。(ムーミン谷とあだ名をつけている担当医のことが、わたしはほんの少し苦手だ。)
 コロナで社会全体が混乱しているなか、不謹慎ながら少し気持ちが楽になっています、と言…

Latest Posts

命に優劣はない、

自分たちを守りたい

月経カップについて

自分ええやん、

自分で自分をつくること

雑記 −春とコロナ、読めるようになってきたことについて

台風のすぎたあとに

『停電の夜に』を読んで

Visionをもつこと

性腺刺激ホルモンの補充について