Skip to main content

Posts

Featured

台風のすぎたあとに

今年の台風19号は、これまで経験したことのないものだった。

 これまで記憶にあったもっとも強い台風は、日本に移住してきた直後に経験したものだ。(調べてみたら、平成2年の台風第19号。このときも19号だったらしい…)
 山梨の古い平屋の家で、近所の人たちが窓の補強を手伝ってくれたように記憶している。家全体が大きく揺れて、がたがた大きな音をたてて、洗車機の中にいるような感じだった。子どものころのことはほとんど覚えていないけれど、この台風のことは不思議と印象に残っている。


 大人になって、強い台風の記憶が塗り替えられることになった。ニュースでは、上陸前から警戒が必要だと言われていた。わたしの病気は災害にとても弱い。薬が飲めず、断水してしまったらおそらく2日は保たない。だから、今回の台風がとても怖かった。

 上陸の数日前から飲料水や保存食などの準備をはじめ、ベランダの片付け、避難場所やハザードマップの確認、冷蔵が必要な薬を冷やしておくための保冷剤の準備など、熱心にやった。これまでこんなに一生懸命に台風対策をしたことなんてなかった。普段、気持ちが滅入ると「もう死んでもいいや」って思うこともあるけれど、このときの自分の必死さは、「生きたい」という気持ちの表れだったのだと思う。

 台風上陸当日も、常に気が張っていた。わたしが住んでいる地域は、午後の早い時間には避難勧告がでていたものの、家の方が安全だと判断して留まることにした。うちにはテレビがないので、twitter や AbemaTVから絶えず情報を集めては、状況を把握して、万が一状況が悪化したら避難すべきか、次にとれる行動はなにかを、必死になって考えた。

 実を言うと、台風前日は1時間程度しか睡眠をとることができなかったし、台風当日も、まったく眠れていなかった。疲れているはずなのに、目が冴えて仕方なかった。生き延びるためのサバイバルモードになっていたのだと思う。雨風が強まって、スマホに緊急速報が届くたびに、心臓がばくばくした。

 雨戸を締め切っていたので、実際にどの程度の風が吹いて、どれほど強い雨だったのかは目視できていない。ただ、外から聞こえてくる音は恐ろしくて、悪夢で目が覚めて怯える子どものような気持ちになった。

 21時半をすぎてから、急にあたりが静かになった。しばらくは吹き返しがあるだろうと身構えていたけれど、雨…

Latest Posts

『停電の夜に』を読んで

Visionをもつこと

性腺刺激ホルモンの補充について

HRT

泣き虫の喋らない舌

メスが入る

断捨離だって好きだけど、

メンタルケア / スカーレットが好き

ハードル、さげてこ

You live only once